以来、42年間にわたり、タイのNo.1ブランドとして世界のムエタイ・MMAシーンにおける中心的存在として現在に至ります。

創業当時からいつかは社会還元したいという想いを心に抱いていたMr. Wong氏。事業の成長とともに、バンコクから約25km離れたBangpleeの郊外にフェアテックスのムエタイキャンプを創設しました。そのキャンプでは当時ストリートに溢れていた子供達を麻薬などのドラッグや犯罪などから救い「ムエタイ」を通じて多くの子供達の人生に影響を与えました。
フェアテックス社の多くのプロダクトのイノベーション(革新性)はこのBangpleeキャンプにおける過去何十年にもわたるプロダクトテストの結果からもたらされたものです。

フェアテックス社は今日まで多くの世界チャンピオンを生み出してきました。創業者のMr.Wong氏も自ら「ルンピニーボクシングスタジアム」のプロモーターとなり、ラモンデッカー、イワン・ヒポリット、ドン・ドラゴン・ウィルソンなどの多くの外国人選手をルンピニースタジアムへ招聘しています。

 

もともとムエタイはタイ国内だけのものというイメージが強かった当時、Bampleeのフェアテックスムエタイキャンプでは、積極的に外国人や女性のトレーニングを受け入れ、1980年代には米国アリゾナやカリフォルニアにもムエタイキャンプを開設するなど、ムエタイの裾野の拡大や国際化に努めてきました。その結果、今日ではフェアテックスのブランドは世界で広く認知されることになりました。

 

2017年現在、10のビルディングを要するバンコク郊外のフェアテックス工場には、400名の熟練工と40名のバック&ミドルオフィススタッフが在籍しています。品質に一切の妥協はなく、徹底したクオリティコントロールを経て、日々多くの商品が生み出されています。

現在、タイ国内に7ヶ所のフェアテックスショップを展開。世界34カ国でフェアテックス商品が販売されています。

 
 
 

COMMITMENT TO QUALITY

全てのフェアテックスの商品は念入りに設計されて、丁寧に一つ一つ手作りされています。

フェアテックスのプロダクトエンジニアたちは、そのデザイン、設計過程において、実際に選手たちと密にコミュニケーションし、そのフィードバックを忠実にプロダクトに反映しています。

タイではムエタイ選手は室外の高温多湿の環境下で、一日2回のトレーニングを行います。また1回のトレーニングセッションはゆうに2時間を超え、グローブをはじめとするムエタイ製品は汗と血と涙でびしょ濡れになります。

こうしたムエタイ製品にとっても過酷な環境を経て、あなたとあなたのトレーニングパートナーを確実に守るフェアテックスの製品は生み出されるのです。